年齢肌用卵殻膜美容液・ビューティーオープナーの口コミを徹底検証!毛穴やほうれい線に効果なしという口コミは正しい使い方をしていない事が判明。正しい使い方をすると毛穴やほうれい線への効果はどうなのか、本当の口コミやレビューを紹介します。

【ビューティーオープナーの口コミ】効果なしは本当?|毛穴は卵殻膜エキスで消せるか

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの比較|美容成分や効果の違いは?【卵殻膜美容液対決】

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオ|卵殻膜美容液2つの違いは?

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは、どちらも卵殻膜エキスを主成分とした卵殻膜美容液です。

ビューティーオープナーは株式会社オージオが、チェルラーブリリオはアルマードが販売している卵殻膜化粧品です。

成分についてはどちらも卵殻膜エキスが95%以上配合されているので、違いは残り5%未満の部分のみ。

しかも残り5%未満の成分についても同じ成分が配合されていたり、成分は違っても効果は同じだったりと本当によく似ている美容液なんですね。

しかし「どちらが売れている?」となると、ビューティーオープナーの方が圧倒的に売れているのです。

不思議ですよね?

なぜならビューティーオープナーの方が内容量が多いのに価格が安いのです。

ほとんど同じなら誰も安い方を買いますよね。

この記事では、ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの効果・成分・使い方・副作用・価格・定期コースと細かいカテゴリーに分けて比較していきます。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの比較一覧表

ビューティーオープナーvsチェルラーブリリオ 比較早見表
ビューティーオープナー チェルラーブリリオ
販売元 OZIO(オージオ) アルマード
初回価格 1,980円 1,996円
2回目以降の価格 4,466円 5,072円
内容量 18ml 15ml
主な成分効果 ・卵殻膜エキスを高濃度配合
・抗炎症・保湿成分が豊富に配合
・細胞に栄養を与え皮膚に弾力性と柔軟性をもたらす
・卵殻膜エキスを高濃度配合
・エイジングケア、保湿成分が豊富に配合
安全性と副作用 ・5つの無添加で安心
・敏感肌、乾燥肌の方の使用実績(口コミ)で問題なかった報告多数
使い方 ・ブースターとしても有効
・洗顔後すぐ使用
・気になる箇所に重ね塗り

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは、どちらも卵殻膜エキスを高濃度配合した卵殻膜美容液です。

大まかな特徴を比較早見表にしてみましたが、この表を見てみても、この2つはとてもよく似ていることがわかります。

価格はビューティーオープナーの方が安く、初回価格はほぼ同じですが2回目以降は600円以上の差がありますから、長く使っていく場合はその差は徐々に大きくなっていきますよね。

また、ビューティーオープナーの方が価格が安いにも関わらず、内容量が3ml多いです。

卵殻膜美容液はシワ、毛穴が特に気になる箇所には重ね塗りする事で、よりしっかりと成分効果を得ることができますし、各公式サイトでも重ね塗りが推奨されています。

主な成分効果は、どちらも保湿成分が豊富に配合されています。

チェルラーブリリオはエイジングケアに効果が期待できるフラーレンやEGFなどが配合されています。

ビューティーオープナーは抗アレルギーや抗炎症効果・色素沈着抑制が期待できるカンゾウ根エキスや、皮膚に弾力性や柔軟性を与える働きがあるヒアルロン酸Naなどが配合されています。

フラーレンやEGFは配合されていないものの、ビューティーオープナーにもしっかりエイジングケアに効果が期待できる成分が配合されていますし、抗アレルギー・抗炎症成分が豊富なのでアトピー肌の方にもおすすめです。

安全性や使い方についてはどちらもとてもよく似ていて、無添加5種で敏感肌でもトラブルが起きなかったという口コミが多数見られました。

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの早見表から評価すると、ビューティーオープナーの方がコスパの面でよりおすすめな卵殻膜美容液と言えるでしょう。

ビューティーオープナー公式サイトへ

公式サイトなら初回65%OFFで超お得!

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオのレビュー比較|実際に両方つかってみた

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオを実際に使ってみました。

どちらも卵殻膜エキスが主成分とあって、浸透していく感覚はとてもよく似ていて、すぐに浸透していくのがわかります。

唯一気になったのが匂いで、ビューティーオープナーでもチェルラーブリリオでも悪い口コミに必ず「においが合わない」といった内容があります。

私はビューティーオープナーを先に使用していたので、そこまで気にならないなと思っていましたが、チェルラーブリリオを使ってみたらにおいがかなり気になりました。

同じ卵殻膜美容液ですが、配合されている香料が違うからかチェルラーブリリオのにおいは受け付けませんでした。

結果的ににおいが理由となりビューティーオープナーを使っています。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの成分を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオに配合されている全成分を比較しました。

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオはどちらも主成分が卵殻膜エキスですが、それ以外にも保湿成分・美容成分が多く含まれています。

ビューティーオープナーの美容成分

成分 配合目的
基剤
BG 基剤
保湿効果
ペンチレングリコール 製品安定剤
抗菌、防腐、皮膚柔軟化、保湿
加水分解卵殻膜 美容成分
保湿、アンチエイジング効果
ヒアルロン酸Na 美容成分
即効性のある保水性
スクワラン 美容成分
水分保持性の高さによる浸透力アップ
カンゾウ根エキス 美容成分
抗炎症、抗アレルギー、色素沈着の抑制
バラエキス 美容成分
美白、保湿、健康維持など
ローズマリー油 香料
精神疲労の緩和
レモングラス油 香料
ストレス緩和、筋肉痛、肩こり、冷え性など
ニオイテンジクアオイ油 香料
乾燥肌、皮膚炎など皮膚の改善
デキストリン 増粘剤
皮膚への吸着
オレイン酸ポリグリセリル-10 界面活性剤(植物由来)
肌への吸着性アップ
クエン酸Na ph調整
キレート剤、酸化防止作用
クエン酸 ph調整
収れん作用

ビューティーオープナーには、加水分解卵殻膜(卵殻膜エキス)のほか、保湿成分・抗アレルギー・抗炎症効果のある成分が豊富に配合されています。

カンゾウ根エキスなど、細胞レベルで皮膚に働きかけることで、皮膚に弾力性と柔軟性を与え、たっぷり保湿成分を加えることで、肌にハリ・ツヤ・弾力・うるおいを与えてくれます。

直接シミを消すのに効果的な成分は配合されていませんが、卵殻膜エキスにはシミの原因となるメラニン生成を抑制してくれるシスチンが豊富に含まれているので、シミが薄くなったという報告もあるほどです。

ビューティーオープナーにはそれらに加え抗アレルギー・抗炎症効果のある成分が豊富に配合されているので、アトピー肌の方・敏感肌で化粧品トラブルが起きやすい方はビューティーオープナーの方がおすすめです。

→ビューティーオープナーの公式サイトをチェック

チェルラーブリリオの美容成分

成分 配合目的
基剤
BG 基剤
保湿効果
加水分解卵殻膜 美容成分
保湿、アンチエイジング効果
ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1 美容成分
アンチエイジング効果
フラーレン 美容成分
アンチエイジング効果
リンゴ果実培養細胞エキス 美容成分
アンチエイジング効果
エリンギウムマリチムムカルス培養液 美容成分
保湿効果
ムクゲカルスエキス 酸化防止剤
水溶性プロテオグリカン 保湿効果
ヒアルロン酸Na 美容成分
即効性のある保水性
水溶性コラーゲン 水分蒸発抑制、保湿効果、刺激緩和
グルコシルセラミド 美容成分
バリア機能改善、保湿、アンチエイジング効果
スクワラン 美容成分
水分保持性の高さによる浸透力アップ
ノバラ油 香料
イランイラン花油 香料
マンニトール 基剤
保湿効果
レシチン 界面活性剤
グリセリン 基剤
保湿効果
PVP 被膜形成、分散乳化安定
キサンタンガム 増粘剤
PEG-60水添ヒマシ油 非イオン界面活性剤
フェノキシエタノール 抗菌、防腐作用

チェルラーブリリオにはフラーレン・EGFなど肌整効果のある成分が豊富に配合されています。

フラーレンには乾燥や刺激から肌をサポートする効果が期待でき、EGFは肌の引き締めと柔軟性を持たせる効果を持っています。

配合成分は違いますが、ビューティーオープナーとチェルラーブリリオはどちらも「肌に柔軟性・保湿性を与え肌にハリ・ツヤを与える」という目的は同じです。

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの美容成分を比較した結論

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの成分を1つ1つ解説しました。

どちらも多くの成分が配合されていますが、そのほとんどが違う成分のようです。

しかし成分効果で見てみるとほとんど同じで、これにより肌に与える効果も当然同じになってくるでしょう。

また、たくさん美容成分が配合されてはいますが、どちらも卵殻膜エキスが95%以上なわけですから、残り5%以下に他成分が凝縮されているわけです。

そう考えると、成分という点ではほとんど誤差レベルではないでしょうか。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの効果を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの効果比較

オージオのビューティーオープナーと、アルマードのチェルラーブリリオの成分1つ1つを取り出して効果をまとめました。

では、それらが配合されたビューティーオープナーとアルマードには、効果に違いがあるのか見ていきましょう。

どちらも卵殻膜エキス(加水分解卵殻膜)が主成分の卵殻膜美容液ですが、それ以外に配合されている成分が違います。

異なる配合成分がどんな効果をもたらすのかに注目ですね。

ビューティーオープナーVSチェルラーブリリオ|年齢肌への効果

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは、卵殻膜エキスは高濃度配合されている卵殻膜美容液です。

卵殻膜エキスには、年齢肌の原因と言われているⅢ型コラーゲンが豊富に含まれています。

Ⅲ型コラーゲンはベビーコラーゲンとも言われており、もともと皮膚に含まれている成分であり、大人になると減少の一途をたどっていきます。

Ⅲ型コラーゲンが減少すると、肌にハリ・ツヤ・うるおいが無くなってしまい、年齢肌として現れます。

Ⅲ型コラーゲンは食材やサプリメントによる摂取が困難な成分と言われています。

卵殻膜エキスはアミノ酸組成がヒトの肌ととてもよく似ているので、肌馴染みが高い成分であり、その中にⅢ型コラーゲンが含まれているわけですから、Ⅲ型コラーゲンを効率良く肌に与えるのに卵殻膜エキスはとても効率的と言えます。

ビューティーオープナー、チェルラーブリリオにはどちらも卵殻膜エキスが高濃度配合されているので、どちらも年齢肌に効果が期待できます。

実際に利用者は20代よりも30代~40代・50代の方が特に多いですね。

ビューティーオープナーVSチェルラーブリリオ|毛穴・しわへの効果

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは、どちらも毛穴・しわへの効果が高い成分が豊富に配合されています。

両方に高濃度配合されている卵殻膜エキスには、肌にハリ・ツヤ・うるおいを与え、肌を引き締めキメを細かくする効果がありますから、毛穴やしわが目立たなくなります。

ビューティーオープナーには他にも皮膚に柔軟性と弾力性を与えるヒアルロン酸Naや、肌の炎症を抑え肌の状態を整えるカンゾウ根エキスなどが配合されています。

チェルラーブリリオにはEGF、リンゴ果実培養細胞エキスといった保湿と整肌効果によってハリを与える成分が配合されています。

配合されている成分は違いますが、どちらも毛穴・しわへの効果が期待できます。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの効果を比較した結論

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの効果を比較し検証しました。

卵殻膜エキス以外の配合成分はほとんど違いますから、得られる効果が違うのかというと、実はほとんど同じです。

それもそのはず、成分は違えど成分効果はほとんど同じですので、当然と言えば当然でしょう。

唯一ビューティーオープナーの方には抗炎症、抗菌、抗酸化の効果がある成分がより多く配合されているので、敏感肌やアトピー肌といった肌が弱い方におすすめかなといった印象です。

しかし成分の95%以上は卵殻膜エキスなわけですし、ほとんど誤差になるのではないかと思います。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの使い方を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの使い方を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは、どちらも卵殻膜エキスを主成分とするブースター美容液です。

配合成分もよく似ていますが、この2つは使い方が全く同じ。

  1. 洗顔後すぐの肌に使用します。
  2. 手のひらに適量(2~3滴)とります。
  3. 顔全体にマッサージするように馴染ませます。

以上の3ステップで使用した後、化粧水・乳液・クリームなど普段通りのケアを行います。

使い方で重要なことは、目元や口元など毛穴・しわが特に気になる箇所には重ね塗りすることです。

重ね塗りすることで、早く大きな成分効果を得ることができます。

しかしビューティーオープナーの内容量は18mlであるのに対し、チェルラーブリリオは内容量が15mlです。

どちらも1か月を目安に使う美容液ですが、ピンポイントに使う卵殻膜美容液において3mlの差は大きく、チェルラーブリリオは重ね塗りの範囲が広いと1か月持たなくなってしまうのが難点です。

使いたい範囲が広い方は、ビューティーオープナーの方が内容量が多いうえ安いので、ビューティーオープナーがおすすめでしょう。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの副作用を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの安全性と副作用を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの安全性、副作用について紹介します。

ビューティーオープナーは合成香料・合成着色料・鉱物油・防腐剤・アルコールの無添加5種、チェルラーブリリオは合成香料、合成着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、アルコールの無添加5種。

どちらも肌に副作用を与えるリスクの高い添加物は配合されていません。

そのため、ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは実用口コミでも肌トラブルの報告例がとても少ない美容液となっています。

どちらも保湿成分が豊富に含まれているため、乾燥肌の方はどちらを使用しても肌トラブルが起きる確率はとても少ないでしょう。

敏感肌や混合肌など、他の化粧品で肌トラブルが起きた経験があり不安という方においては、抗アレルギー・抗炎症効果のある成分が含まれているビューティーオープナーの方がより安全性が高く、安心して使えるのでおすすめです。

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの香りを比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオはどちらも卵殻膜美容液を主成分としています。

そのため、卵殻膜に含まれるシスチンによって硫黄のような独特のにおいがします。

硫黄臭を軽減するため、天然由来の香料はビューティーオープナーとチェルラーブリリオどちらにも含まれています。

私の場合はビューティーオープナーよりチェルラーブリリオの方がにおいがくさいと感じてしまい、ダメでした。

ニオイが微妙に違いますから、合う合わないはあるかもしれません。

卵が腐ったような硫黄臭はビューティーオープナーの方がきつくないと思います。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの価格を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの価格を比較

ビューティーオープナー チェルラーブリリオ
公式サイト初回価格 1,980円 1,996円
公式サイト2回目以降価格 4,466円 5,072円
アマゾン 6,380円 5,000円
楽天市場 6,380円 5,580円

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの価格を比較しました。

2つの価格を比較すると、ビューティーオープナーの方が公式サイトでは初回が18円、2回目以降では606円安くなっています。

アマゾンと楽天市場の価格はチェルラーブリリオの方が安いですが、どちらも公式サイトの価格に比べ割高ですし、キャンペーンや特典が受けられません。

ビューティーオープナー、チェルラーブリリオともに購入するなら公式サイトが価格が安いのでお得でしょう。

公式サイトの初回購入価格はどっちが安いというほどの価格差はありませんね。

しかし2回目以降の価格では606円の差があります。

以上のことから、ビューティーオープナーの方が1日あたりの単価が安いためコスパが良いという結論となります。

ビューティーオープナー公式サイトへ

公式サイトなら初回65%OFFで超お得!

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオ|内容量の比較

ビューティーオープナーの内容量は18ml、チェルラーブリリオの内容量は15mlです。

内容量はビューティーオープナーの方が3ml多いのですが、価格はビューティーオープナーの方が安いのです。

ということは、ビューティーオープナーの方がコスパが優れているという事がわかります。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオはどっちが売れてる?

ビューティーオープナーはチェルラーブリリオに比べ、大きな差をつけて爆発的に売れている卵殻膜美容液です。

売れている理由はビューティーオープナーの方が安いこと、購入のしやすさ、プロモーションの3つが要因であると推測しますが、やはり一番わかりやすいのは値段でしょう。

成分も効果もほとんど同じであるなら、安い方が売れて当たり前ですよね。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの定期コースを比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの定期コースの詳細について比較しましたので、紹介します。

どちらの卵殻膜美容液も、定期コースを利用すると大きな割引を受けられますし、継続回数の決まりもありませんから、コスパがとても良くおすすめです。

ビューティーオープナー、チェルラーブリリオの定期コースにはお得な特典やキャンペーンがありますから、それらの詳細についても比較し、どちらが本当にお得なのかチェックしました。

また、2つの定期コースにおける注意点や、対応する支払い方法についても調査し比較しています。

 

ビューティーオープナーのキャンペーンと支払い方法

ビューティーオープナー定期コースのキャンペーンは以下のとおりです。

  • 初回通常5800円が65%OFFの1,980円
  • ビューティーオープナークリーム、ローション、ジェルお試しセットプレゼント
  • 全国どこでも送料無料
  • いつでもお届け日の変更・お休みOK

何といっても初回65%の割引が大きい要素です。

2回目以降も23%OFFになるので、どのお店で購入するよりも安いです。

価格はチェルラーブリリオとほぼ同じで誤差16円ですが、元価格がチェルラーブリリオの方が1000円ほど高いため、割引率で考えるとチェルラーブリリオの方が大きいでしょう。

ビューティーオープナーの支払い方法は以下のとおりです。

ビューティーオープナー定期コースの支払い方法
コンビニ・郵便局後払い 商品に同封されている振込用紙により、商品到着10日以内にコンビニ・郵便局で支払い。
5000円以上の場合は3回まで分割手数料無料。
クレジットカード 1回払いにのみ対応。
代金引換 商品受け取り時に代金支払い。
代引き手数料無料。

ビューティーオープナーの定期コースは振込用紙・クレジットカード・代金引換の3つの支払い方法に対応しています。

各支払い方法の手数料は無料で、振込用紙による後払いにおいては、3回までの分割払いでも手数料が無料となるようですから、一度にたくさん支払うのが難しい方でも利用しやすいですね。

チェルラーブリリオの支払いと比較すると、ビューティーオープナーの方がかかる手数料が少なく、トータルコストはビューティーオープナーの方が安くなっているのがわかります。

 

チェルラーブリリオのキャンペーンと支払い方法

チェルラーブリリオ定期コースのキャンペーンは以下のとおりです。

  • 初回通常価格6600円が69%OFFの1,996円
  • チェルラー化粧水、クリームプレゼント
  • 全国どこでも送料無料
  • いつでもお届け日の変更・お休みOK

元価格が高いのでビューティーオープナーより若干高くなっています。

とはいえ16円なので誤差ですけどね。

プレゼントの内容も種類が少ないですから、様々な化粧品を試してみたい方はビューティーオープナーの方がお得に感じるはずです。

チェルラーブリリオの支払い方法は以下のとおりです。

チェルラーブリリオ定期コースの支払い方法
クロネコ後払い クロネコヤマトによる後払いサービス。
請求書の発行から14日以内にコンビニ、郵便局で支払い。
クレジットカード 1回払いにのみ対応。
代金引換 商品受け取り時に代金支払い。
手数料300円。

チェルラーブリリオの定期コースはクロネコ後払い・クレジットカード・代金引換の3つの支払い方法に対応しています。

チェルラーブリリオではクレジットカード以外の決済にクロネコヤマトのサービスを利用しているようですね。

代金引換支払いにおいては、残念ながら手数料が別途かかるようです。

 

定期コース比較の結論

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの支払い方法について比較しました。

どちらも後払い・クレジットカード・代金引換の3つの支払い方法に対応しているようですが、代金引換で購入したい場合は手数料がかかってしまう分チェルラーブリリオは割高になってしまいそうです。

ただでさえビューティーオープナーの方が価格が安いですから、継続使用する場合は辛いところですよね。

 

ビューティオープナーとチェルラーブリリオの口コミを比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの口コミを比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの口コミを検証し、違いを比較しました。

ここでは大手口コミサイトのアットコスメ(@コスメ)での口コミを元に、それぞれとてもよく似た卵殻膜美容液ですが、どんな違いがあるのか検証しています。

アットコスメでの口コミを調べてみると、ビューティーオープナーは口コミ数が801件あり☆5.1、チェルラーブリリオは口コミ数が95件あり☆5.4でした。

口コミの数に大きな差がありますが、ビューティーオープナーは2016年に発売されたロングセラー商品ですから、これだけの数の口コミがあります。

一方チェルラーブリリオは2019年6月にリニューアルしたばかりなので、口コミの数に大きな差があるというわけです。

とはいえ、どちらも辛口評価で定評のあるアットコスメにおいて、口コミ総数から考えると平均評価点☆5.1と5.4ですから、使用満足度が高いと判断できますよね。

 

ビューティオープナーとチェルラーブリリオの悪評を比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの悪い口コミについて、アットコスメで調査しました。

Amazonや楽天市場にも口コミはありますが、口コミの信ぴょう性の観点からアットコスメ(@コスメ)のレビューを採用しています。

 

ビューティーオープナーの悪評

アットコスメにおいて、ビューティーオープナーを☆2以下と評価したユーザーの数は48件で、全体の約6%に該当します。

6%の悪い口コミの中には使い方が間違っていたり、購入報告のみで使用レビューが書かれていないものも見当たりました。

それ以外の多くは「においがどうしても無理でした」というものがほとんどで、肌に合わなかった・全く効果が実感できなかったという内容は見当たりませんでした。

においについてはチェルラーブリリオも卵殻膜美容液なので同様の口コミが見付かり、どちらも合成香料など添加物が配合されていませんから、卵殻膜エキスに含まれるシスチンの独特のにおいが受け付けない方がおられるようですね。

とはいえ、ビューティーオープナーはにおいの事を含めても全体の94%が良い評価をしていることも事実です。

チェルラーブリリオの悪評

チェルラーブリリオはアットコスメにおいて、☆2以下と評価したユーザーの数は1件のみ。

これは全体の1%なので脅威の満足度ですが、ではビューティーオープナーより満足度が高いかと言うと単純に比較はできません。

チェルラーブリリオの口コミ総数は95件ですから、ビューティーオープナーの801件と8倍以上も差があります。

チェルラーブリリオに☆2の評価をつけた方は、においが苦手であったこと、効果が実感できなかったという内容の口コミを投稿しておられます。

ビューティオープナーとチェルラーブリリオの悪評比較まとめ

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの、アットコスメにおいて☆2以下の口コミを調査しましたが、口コミの比較からはどちらが優れているかはわかりませんでした。

しかしどちらも満足度のとても高い卵殻美容液であることは、口コミ総数からの評価点でよくわかりましたね。

 

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの比較まとめ|Beauty Openerがコスト面で優れている結果に

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの比較

ビューティーオープナーとチェルラーブリリオを口コミ・価格・安全性・成分効果によって徹底比較しました。

その結果、ビューティーオープナーとチェルラーブリリオは配合成分や期待できる成分効果はとても良く似ていることがわかりました。

安全性・副作用においても、どちらも5種の無添加で肌にとても優しい成分で構成されています。

口コミの比較では口コミ総数の大きな違いから単純に比較することはできませんでしたが、ビューティーオープナーがロングセラーであること、口コミ総数801件あるのに対し☆2以下の悪い評価は全体の6%に留まるなど、とても優れていることがわかりましたが、チェルラーブリリオも口コミの評価はとても高く、口コミでも大きな差があるとは言えませんでした。

価格比較においては、2つの卵殻膜美容液に差が見られました。

ビューティーオープナーの方がチェルラーブリリオより価格が安く、また安いにも関わらず内容量が3ml多かったのです。

気になる箇所に重ね塗りすることが重要となる卵殻膜美容液において、少なくない内容量の差は使用に大きな影響を与えます。

また、チェルラーブリリオは代引手数料が別途300円必要になりますが、ビューティーオープナーは代引手数料も無料です。

300円は大きな差ではないかもしれませんが、継続使用していく事を想定すると積み重なり大きな差となり得ます。

以上の事から、ビューティーオープナーとチェルラーブリリオの2つの卵殻膜美容液を比較したところ、成分効果・安全性・口コミに大きな差はないが、ビューティーオープナーの方が安いのでコスパが良いことがわかりました。

消耗品である美容液においてコスパはとても重要ですから、長く使うことを考えるとビューティーオープナーがおすすめです。

ビューティーオープナー公式サイトへ

公式サイトなら初回65%OFFで超お得!

関連記事:【ビューティーオープナーの口コミ】効果なしは本当?|毛穴は卵殻膜エキスで消せるか

Copyright© 【ビューティーオープナーの口コミ】効果なしは本当?|毛穴は卵殻膜エキスで消せるか , 2019 All Rights Reserved.